森づくりフォーラム主催・パウロの森くらぶ実施
初心者のための森づくり体験会
2018年6月2日(土)晴れ 開催場所:パウロの森(聖パウロ学園高等学校 学校林)

 森づくりフォーラム主催「初心者のための森づくり体験会」の第7回目をパウロの森くらぶで実施しました。この体験会は国土緑化推進機構森林ファンド助成事業として、森づくりの魅力を多くの方に知ってもらうために、多摩地区の森づくり7団体が協力して実施している事業です。

 開会式では、森づくりの楽しさを体験してほしいとの主催者挨拶、間伐と玉切り作業を安全に楽しく作業して欲しいとのパウロの森くらぶ代表挨拶に続いて、森林の役割に関するクイズと説明、安全の注意、および準備体操を行いました。

 2班に分かれてヘルメットと鋸を装着し、鋸の使い方や移動時の鞘入れを徹底してから、間伐作業現場に向かいました。間伐の対象木は、直径20cm程のスギです。対象木の処で、樹種の確認、重心の傾き・蔓がらみの確認、伐倒方向の決定、周囲の整理、ロープ揚げ、受口と追口のマーキング、作業開始時の合図などの、伐倒作業の基本手順について説明してから作業開始し、参加者全員に受口切り、追口切りの作業を体験して貰いました。

 1班は作業開始後40分ほどで伐倒しましたが、もう1班は木の重心が伐倒方向とは逆向きにかかっていたために、狙った伐倒方向からずれて、掛り木になってしまいました。参加者全員でロープを引いて倒すことが出来ました。その後、枝払い作業、玉切り作業を行い長さ2mの材を作りました。作った材は広場まで運んで皮むき作業を行いました。木が成長する時期で、水分が多く、簡単に皮が剥け、一本の材から1枚の杉皮が取れました。伐倒した木の先端部の処は、薄切りして記念品としてお土産にしました。

 昼食時に、水と火が使えるパウロの森の長所を生かして、トン汁を参加者の皆さんに楽しんで頂きました。昼食休憩時間を利用して30分程でパウロの森を案内しました。赤く色づいたウグイスカグラとクサイチゴの実、黄色く熟れたモミジイチゴ、まだ青いサンショウの実等、視覚と味覚で楽しみました。

 午後は使用した道具の手入れ作業を行いました。錆が出ないようにヤニをブラシで取り除き、防錆スプレイをかけ、鞘から鋸が抜けないように吊るし紐で縛り、ボックスに返却して全ての作業を終了しました。

 閉会式では、怪我や事故が無かったことを確認し、参加者の感想とスタッフのコメント、最後にパウロの森の定例作業への参加をPRして終了しました。参加者の皆さんから“木を鋸で切るのは難しかったが楽しかった”“初めて木を伐りました”“皮むきが面白かった”などの感想を頂き、「森づくり体験会」として森づくりの作業を参加者の皆さんに楽しんで貰うことが出来ました。

 参加者: 10名(うち主催者2名)
 FITスタッフ: 森田寛臣、前田満子、水木稔、清水長、槙田幹夫(報告、写真)


パウロの森くらぶホームページ




伐倒:倒す方向に受け口を切ります〔撮影石井さん〕


切り株確認:幅1割のツルを残します〔撮影石井さん〕


玉切り:枝払いの後所定の長さに切ります


皮むき:きれいに皮が剥けました〔撮影石井さん〕


閉会式:主催者の森づくりフォーラム代表の挨拶

参加記念:参加者の皆さんと主催者・スタッフ

戻る