第84回 高尾山 GREEN CLEAN作戦
2018年5月5日(土) 晴れ

画像をクリックすると大きな写真に
登山道のすれ違いに注意!

画像をクリックすると大きな写真に
過去最多の参加者です

画像をクリックすると大きな写真に
人出の割にはゴミ少ない
5月の連休後半、五月晴れの行楽日和となった5日、第84回高尾山GREEN CLEAN作戦が行われましたので報告申し上げます。今回の参加者数は、2013年1月に記録した過去最高の47名を超える56名の人数で開催することができました。

高尾山口駅前は家族連れなど多くの登山客で大混雑。結局、この混雑は下山するまで続くことになりました。小公園を出発してすぐに、幸先の良いカジカガエルの歓迎の声が聞こえ、ケーブル清滝駅ではセッコクがもう咲き始めており、皆の驚きの声が上がっていました。

6号路に入りガビチョウが賑やかに鳴き、ジャケツイバラが暗い森を明るくしており、琵琶滝付近ではイワタバコが群生し(花はまだない)、遅咲きのコミヤマスミレを見ることができました。滝に打たれる修行者の気合の掛け声を聞きながら、いよいよ、急登と細い登山道が始まり、ホウチャクソウ、ヤマルリソウ、マルバウツギ、ホオノキなど、すれ違いや渋滞を気にしながら、見逃すまいと皆さん班長のお話に聞き入っていました。

3号路から5号路にかけて、アオゲラのドラミングや鳴き声を聞き、ヤマボウシは白い花(苞)が多数咲き自己主張をしていました。登山道は混雑していましたが、ほぼ予定通りもみじ台に到着し、富士山も見ることができました。シラキの雄花とそのそばに小さな雌花が咲いている(秋には紅葉が鮮やかな)のを教えて頂きました。

昼食、集合写真撮影後、大混雑の山頂経由で1号路の「ゴミ拾い」しながら下山し、定刻に麓の小公園に到着。混雑している割には、ゴミ収集成果は少なく、紙ごみ等が約30リットル、その他ペットボトル・ビンカンを一袋回収することができました。

細い登山道における一般登山者とのすれ違いや渋滞した時の、観察会の“進行・安全の配慮”については「説明の簡潔さ」や「水分補給」をうまく利用することなど大変勉強させて頂きました。快晴で清々しい季節、新緑につつまれ始めた、“初夏の草花を探す登山”を楽しむことができました。混みあった細い山道や、すれ違いや渋滞の中、ケガする方もなく無事下山でき、班長やスタッフの方々のご苦労や、参加してくださった皆様に感謝いたします。

* 上記以外に観察した植物たち: オニグルミ、タニウツギ、ミツバウツギ、ガクウツギ、エンレイソウ、ミズキ、キランソウ、クワガタソウ、コクサギ、ツルニンジン、ホウチャクソウ、アカガシ、ベニシダ、サイハイラン、ヤマルリソウ、カンアオイ、フタリシズカ、ミヤマキケマン、キンラン、サルナシ、サラサドウダン、メグスリノキ、ミヤマナルコユリ、コバノタツナミソウ、イチヤクソウ、イナモリソウ、キセキレイ、オナガアゲハ、クロアゲハなど

* 次回第85回高尾山GREEN CLEAN作戦は6/2(土)蛇滝コースで行います。高尾駅北口8時40分集合、駒木野公園~小仏川遊歩道~蛇滝~4号路~5号路~もみじ台~高尾山です。

 開催場所: カツラ林コース〔琵琶滝~3号路〕
 参加者: 56名(一般32名うち子供2名、FIT会員24名)
 スタッフ: 福田正男(代表代行)、稲葉 力、臼井治子、野坂俊樹、槙田幹夫
 報告者: 横井行男
 写真補足: 福田正男、槙田幹夫





人目を引く処に咲くキンラン

二つ並んで咲くホウチャクソウ

5種類ウツギが咲く(コゴメウツギ)



戻る