高尾森林ふれあい推進センター協定イベント・森林インストラクター東京会実施
春の香りに誘われて~スミレやフタバアオイがひっそり咲く日影沢へ
2018年4月19日(木)

 開催場所: 日影バス停~日影沢林道~高尾山頂~もみじ台巻き道~お花道(富士見台園地)~薬王院~ケーブル高尾山駅

前日までの雨模様も回復し、日影沢には初夏を思わせる陽ざしが差し込み、弾むような気持ちで一日が始まりました。
かつら広場での開会式の後、班ごとに歩み始めた日影沢林道には、タチツボスミレ、マルバスミレ、タカオスミレ等スミレ類、エンレイソウ、イチリンソウ、ニリンソウ、フタバアオイなどが次々と咲き、春たけなわでした。
参加者の方々は、ミヤマカタバミ、ミヤマハコベ、ヤマルリソウ、フデリンドウといった小さな花々も見過ごすことなく、その可憐さを愛でていらっしゃいました。
逆沢作業道に入ってからは、急な登りに皆の息もあがりましたが、ミヤマキケマンやラショウモンカズラなどが見られ、草花に励まされながら登りました。
今回のハイキングでは「花びらの不思議」をテーマに「花のつくり」の資料をお配りし、また、班長さんそれぞれに用意した資料を提示しながらの説明に、皆様も興味深く観察されていました。
午後は、山頂からもみじ台方面の階段を降りて、北側巻き道(シモバシラの道)に入り、大平林道合流点へ、そしてお花道に入り、富士見台園地を巡って山頂下に戻るコースを歩きました。
このコースも花がいっぱいで、アケボノスミレやイカリソウ、ホタルカズラなどに目を留めたり、オオバウマノスズクサのサキソフォン形の花や、ハナイカダ、タチガシワなど、ちょっと珍しい花にカメラが向けられていました。
また、富士見台園地では、ニオイタチツボスミレが咲いており、その香りを確かめようと列をつくったりして、春の散策を楽しみました。
富士道、薬王院を経てケーブル乗り場に到着。振り返りでは、「こんなにたくさんの花が見られると思わなかった」「たくさん花の名前を教えてもらって、今日は楽しかったです」と喜ぶ顔が見られました。
今年は季節の移ろいが早く、すでに花が終わってしまったスミレもありましたが、それでも枚挙に暇がないほど沢山の草花に接することができ、文字通り「春の香りに誘われて」のハイキングになりました。

 参加者: 39名
 スタッフ: 林公康(幹事)、市川美保子、小日向礼子、佐藤たみ子、吉田久美子、前田満子、熊木秀幸(アシスト)、小川里花(アシスト・報告)


* 森林ふれあい推進事業「協定イベント」とは、林野庁関東森林管理局長と協定を締結した団体の主催するイベントのことで、自然豊かな高尾山で楽しく自然とふれあうことを主な目的にしています。 平成30年度の協定団体については森林インストラクター東京会(FIT)をはじめ5団体が登録されています。
  『森林ふれあい推進事業』の年間計画などについては関東森林管理局の該当ページを参照してください。





開会式


イチリンソウ


ツボスミレ


シロヤブケマン


観察の様子

タチガシワ



戻る