聖パウロ学園・パウロの森くらぶ
4月第一水曜定例活動
2018年4月4日(水)晴れ 場所:パウロの森(聖パウロ学園高等学校 学校林)

 天気は晴れ。高尾駅北口から陣馬高原行きのバスで大久保まで行き、パウロ学園高校に向かいました。サクラは満開でときおり音もなく白い花びらが舞っていました。土手にはたくさんのツクシが背伸びするように元気よく生え、のんびりした里山の風景が広がっていました。パウロの森の広場では、コナラなどの樹林の新葉が銀色にけぶり、ヤマブキは黄色い花をつけて咲き誇っていました。

 9時30分から全体ミーティングを始め、作業内容と班分けの確認を行い、準備体操、安全手帳の読み上げの後、班ごとの活動に入りました。

 なめこの植菌班は、ヤマザクラの玉切り材にドリルで穴をあけ、なめこの駒を打ち込む作業を行いました。二十数本の大小の材に用意した駒をすべて打ち込みました。駒打ちした玉切り材は地面に直接並べてその上に枯葉をかぶせました。2年後が楽しみです。

 看板制作班は、旧看板の撤去と新看板を設置するための穴掘り、看板支柱の製作を行いました。穴は深く掘るため、また看板を取り付ける支柱の製作は材が太くて生木なのでそれぞれ大変な作業となりました。別のところでは看板絵の描画も進んでいました。作業は午後も続けて行いましたが4月21日(総会の日)に完成させるとのことでした。

 お昼には、おにぎりを食べながら、かまど班が準備してくれた温かい具たくさんの野菜スープや採りたての焼きシイタケをおいしくいただきました。

 午後は春の植物調査を3ルートに分かれて実施しました。私の班では広場から東尾根を経て西尾根までを歩きました。班長さんが樹木を見ながら名前をつぎつぎあげていくので記録するだけでも大変でした。ところどころで木の特徴などを教えてもらい勉強になりました。草本ではニオイタチツボスミレの群落やシュンラン、ミミガタテンナンショウが目立ちました。また万葉集の和歌とそこに出ている木の名前を書いた立札を数本立てる作業もしました。植物調査は春と秋に実施しているとのことでした。

 その後、道具の手入れや後片付け、作業内容の確認を行いました。最後にヒヤリハットの有無を確認しました。こうして3時過ぎには本日の作業はすべて無事終了しました。

 気温が上がり暑苦しくなる時もありましたが、なめこの植菌や植物調査で楽しく一日をすごすことができました。また久しぶりの参加でしたが、会員の皆様が手慣れた手つきで割り当てられた仕事をテキパキと処理していくのに感銘を受けました。

 パウロの森では、ビオトープの池でヤマアカガエルのオタマジャクシが泳ぎ、黄金色のヤマブキが存在感を誇示し、コナラの柔らかい新芽が輝いています。西の谷では新たにヤマルリソウの群落が見つかりました。

 参加者: 飯塚、池田、伊藤、猪瀬、上村、上林、熊木、小林(寛)、小林(槇)、中垣〔報告〕、中川原、長岡、林、福重、前田、槙田〔写真補足〕、望月、森田、山口

パウロの森くらぶホームページ




ヤマザクラにナメコの種駒を打込む


旧看板を撤去します


十年間の風雨に耐えた旧看板


新しい大型の看板(パウロの森の案内板)


西の谷底でヤマルリソウの群落発見

満開のサクラと花の絨毯

戻る