森の自然倶楽部主催の自然観察会
裏高尾・春の花ウォッチング
2018年3月25日(日)

  ポカポカの陽気に恵まれて、高尾駅に集合した参加者の皆さん。直前に中央線の事故があり、遅刻者が出ないかはらはらしましたが、ぎりぎりで全員が満員のバスに乗車でき、まずは一安心。一週間前には出ていなかった、ナガバノスミレサイシン、マルバスミレ、エイザンスミレなどの花々が出迎えてくれました。
  天気が良いので昆虫たちも活発に行動していました。中でもテングチョウとビロードツリアブが多数飛んで、じっくりと姿を観察できました。途中でミソサザイの姿を観察できたグループもありました。
  木下沢では、皆さんお目当てのハナネコノメ、アズマイチゲなどを観察、その後日影沢でキクザキイチゲを観察しました。小仏川沿いにもノジスミレ、タカオスミレをはじめ多くの花が咲いて、疲れを感じさせないハイキングでした。
  参加者の皆さんの「楽しかったー」という言葉が何よりのご褒美でした。

 参加者: 27名
 スタッフ: 中澤、杉山、岡本(報告)





木下沢林道でスミレ観察


.ナガバノスミレサイシン


ハナネコノメの撮影に挑戦


キャンプ場跡で昼食


小仏川のアズマイチゲ

小仏川沿いの観察



戻る