高尾森林ふれあい推進センター協定イベント・森林インストラクター東京会実施
春の高尾山親子自然観察会
2018年3月18日(日)

開催場所: 高尾山(JR高尾駅北口~日影バス停前~日影沢キャンプ場~いろはの森~4号路~山頂~1号路~いろはの道~4号路(みやま橋)~淨心門~慰霊塔

  親子の参加者12家族29名。5班体制で臨みました。
  当日は好天で、朝は気温5度と寒かったですが、予定通りの時刻に全員受付を済まし、高尾駅発8:32と8:52のバスに分乗して出発しました。ただ当日は花粉が多いとの予報で、実施日直前で1家族4名のキャンセルが出ました。花粉対策としてマスクをして参加された方も多かったようです。
  日影キャンプ場で全員集合して、説明やアイスブレーキング、体操をして、いろはの森コースを進みました。歩き始めてさっそく各班の班長さんの趣向を凝らした説明が始まり、参加者は興味津々で、話に聞き入っていました。道中では色々な樹木や野草、落葉、木の実、鳥の声などを観察しながら歩きました。山頂には予定通りの時刻に全員到着し、昼食となりました。その頃には暖かくなり、美しい富士山も見えました。
  最後に慰霊塔前広場で閉会式を行い、各班の子供たちが感想を発表し、解散しました。アンケート集計結果は、楽しかった・とても楽しかった(大人100% 子供90%)、また参加したい(子供91%)、楽しいものや大好きなものが見つかった(子供82%)、良かった点(大人)では(樹木・鳥・虫の観察46% インストラクターの解説100%)との回答でした。ほとんどの方が班長さんの解説、説明に満足されたようです。改めて、班長さんに感謝いたします。
  今回の観察会をもって、28年(にわとこ会)の高尾山親子自然観察会を終了します。皆様、ご協力、ご支援ありがとうございました。

 参加者: 29名(小学生13名、大人16名)
 スタッフ: 20名
 報告: 鍛冶健二郎


* 森林ふれあい推進事業「協定イベント」とは、林野庁関東森林管理局長と協定を締結した団体の主催するイベントのことで、自然豊かな高尾山で楽しく自然とふれあうことを主な目的にしています。 平成28年度の協定団体については森林インストラクター東京会(FIT)をはじめ5団体が登録されています。
  『森林ふれあい推進事業』の年間計画などについては関東森林管理局の該当ページを参照してください。





開会式風景その1


開会式風景その2


観察会風景その1


観察会風景その2


観察会風景その3

閉会式風景



戻る