聖パウロ学園・パウロの森くらぶ
3月第1水曜定例活動
2018年3月7日(水)曇り 場所:パウロの森(聖パウロ学園高等学校 学校林)

春の底冷え曇り空の朝8時過ぎに高尾駅から聖パウロ学園のバスに乗り、パウロの森広場に9時集合。作業前の全体ミーティングで班分け(作業内容)確認、安全注意と安全手帳読み合せの後体操を行い、4班に分かれて整備活動に入る。

@ 雑木林更新班1はチェーンソーを使って、東尾根の2/17に伐倒したサクラを玉切りし、ナメコの榾木用に広場まで運搬し積み上げた。午後は雑木林の萌芽更新確認用にクヌギ1本を伐採、玉切りした。
A 雑木林更新班2は木登り用具(安全帯、ステップ、二段梯子)の使い方を森田代表の指導で習得し、雑木林更新地西側のスギの枝打ちを行い、スギ4本を高さ5m程まで枝打ちした。
B 看板制作班は看板の描画と看板設置用枠材としてヒノキ2本を伐採した。
C 小屋整理・杭作り・竈班は道具小屋の整理、表示用の杭作り、お昼のシチュー作りをした。

作業終了後は道具の手入れ、後片付け、作業内容確認、安全ヒヤリハット確認して14時解散となった。

私のパウロの森定例活動参加は2度目。サクラ小径木の手鋸作業、器具の運搬、チェーンソー等手入れのお手伝いをし、昼ごはんでは美味しいシチューもいただき満足満足。何よりも一人のけが人もなく無事作業を終えられ良い一日でした。

パウロの森では、ビオトープの池にヤマアカガエルが産卵し、ウグイスカグラやシュンランの蕾が膨らみ春の足音が聞こえています。

 参加者: 家、池田、稲葉、猪瀬、上村、上林、神林、熊木〔報告〕、小林(寛)、小林(槇)、清水、中川原、長岡、原田、福重、前田、槙田〔写真補足〕、森田、山口

パウロの森くらぶホームページ




二段梯子の使い方の基本を指導


立派な看板がもうすぐ完成


看板設置用材としてヒノキ伐採


萌芽更新伐採(チェンソー使い方指導)


春の足音その1(ヤマアカガエル卵塊)

春の足音その2(ウグイスカグラ蕾)

戻る