聖パウロ学園・パウロの森くらぶ
12月第一水曜定例活動

2017年12月6日(水) 晴れ

気温は低いものの、晴れて気持ちのよい日となりました。最初の全体ミーティングでは、作業内容の確認、準備体操、安全注意と「安全手帳読み合わせ(安全な基本動作)」を行ったあと、4班に分かれて作業を実施しました。

危険木処理班では、西尾根シイタケエリアのコナラの枯損木2本をチェーンソーにて伐倒し、薪用材に切断、薪割り作業を行いました。

雑木林更新作業では、増えているモミ8本を伐倒し、雑木林の更新整備を進めました。パウロの森では、60年以上と見られるコナラなども多く、間伐や枝打ちなどの作業を進め、森林での環境教育やプログラムを実施する場として、安全で、健全な森作りが大切な作業となっています。間伐訓練として直径15㎝のスギ1本を伐倒。間伐を指導する際の手順を確認しました。

看板の制作斑では、10年間使用したパウロの森の案内看板を更新すべく作業をすすめました。備品整備と竈作業班では、竈周辺に積み上げられた木の枝等を薪用に整理、また昼食用にキノコ汁とパウロ学園から提供して頂いたお湯(水)を入れるだけで食べられる「非常食」を用意しました。

午後は気温も低下してきたので、14:00過ぎ予定よりやや早く作業を終え、全体で振り返りを行い事故なく無事本日の作業を終了しました。
次回12月16日(土)が、本年最後の定例作業日となります。

 参加: 16名
 報告: 小川能男
 写真: 槙田幹夫


パウロの森くらぶホームページ




枯損木処理:枯れたコナラ一株二本を処理


受け口:狙った方向に合わせて受け口を切る


案内板制作:案内板にタイトルを入れます


お昼の準備:昼食は非常食です


名残の花は色が濃い(アキノタムラソウ)

ふわふわの種(カシワバハグマ)

戻る