第76回 高尾山 GREEN CLEAN作戦
平成29年9月2日(土) 曇り

前日の夜から朝までかなり強い雨が降っていましたが、小仏のバス停に着く頃には、雨はすっかりあがり雲の切れ間から澄んだ青空が見えました。前日までの申し込み人数は、8月の丸ごと高尾山GC作戦の余波か過去最高の54名だったそうですが、悪天予想でキャンセルがあり、結局46名で小仏の宝珠寺を出発しました。

小仏峠までの道では観るもの満載で、到着が予定時間を20分ほど超過してしまいましたが、雨でも参加した方々はとても得をした気分だったのでは・・・

林道の脇ではセンニンソウが満開でした。よく似たコボタンヅルも咲いていました。花は似ていますが、葉っぱで簡単に見分けられます。ジャケツイバラの実がフジの実と並んで沢山ついていました。紫色の実です。ジャコウソウが細長い花を付けていましたが麝香の香りは・・・?

そのほかに観察したのは、アカネ、ミズヒキ、キンミズヒキ、コアカソ、ノブキ、クズ、アカメガシワ(実)、ヌルデ、シュウカイドウ、イヌトウバナ、ボントクタデ、フジカンゾウ、ゲンノショウコ、オオヤマハコベ、ヤマホトトギス、キバナアキギリ、カノツメソウ、シモバシラ、ノハラアザミ、ノササゲ、ハダカホウズキ(実)、ミズタマソウ(実)、アキノタムラソウ、ツリフネソウなどの秋の花々でした。

一丁平に行く道では、ツリガネニンジン、ヒメキンミズヒキ、シシウド、タムラソウ、マルバハギ、ナンテン、ハギなどの花が観察できました。

一丁平で昼食、集合写真撮影後は目のスイッチを切り替えてゴミ拾い!のはずが、お花道でも見るものがたくさんで困りました。ツルリンドウ、クサギ、ビナンカズラ(花・実)、ツルニンジン、キジョラン(実)に加えシマヘビが登場し、参加者の黄色い声があがりました。

高尾山頂を経て、薬王院、1号路で集めたゴミは最終的に、燃えるゴミ2袋、カン、ビン、ペットボトル各1袋と多めでした。途中ぬかるんだ場所もありましたが、全員無事に到着しました。

振り返りでは初参加の若い女性も2名参加し、今日一番印象に残ったものを披露しました。

* 10月の第77回高尾山 GREEN CLEAN作戦は、10/7(土)に日影沢コースで実施します。 高尾駅9時集合で日影バス停〜日影キャンプ場〜郵便道〜もみじ台です。

 開催場所: 小仏城山コース〔小仏峠〜小仏城山〜一丁平〜高尾山〕
 参加者: 46名(一般29名)
 報告者: 小勝眞佐枝
 写真と補足: 入江克昌、槙田幹夫




一丁平の展望台に全員集合


集めたごみは5袋でした


花弁に似た萼片4枚で雄蕊が長くて目立つセンニンソウ


コボタンヅルとセンニンソウとの違いは?


筒状の花冠にマルハナバチが潜ります

秋の花は葉っぱの上



戻る