西武トラベル(株) 「秩父健康ハイキング」
2017年7月21日

場所: 西武秩父線:西吾野駅~関八州見晴台~高山不動尊~休暇村「奥武蔵」~吾野駅
実施概要: 夏の奥武蔵の眺望と自然を体感するハイキング


西武トラベル㈱から依頼された「健康ハイキング」の第二弾です。
天気は快晴、距離8km、歩行時間4時間半、標高差500mのハイキングです。
参加者は一般の方(小学生)と西武トラベル社員の方総勢6名でした。
開会式、安全注意、体操を行い9:45西吾野駅出発。
今回の目的は関八州見晴台(770m)から奥武蔵の眺望を楽しみ、高山不動尊を訪ねて樹齢800年の大銀杏を見学しながら自然を体感して頂くことでした。
登山道は主にスギ・ヒノキの人工林です。飯能市は西川材の主産地です。真夏の陽が照りつけても森林の中は整備されていて谷からの涼風が吹きあげて汗ばんだ体を癒してくれます。
観察ではヤマホタルブクロの名前の由来に納得し、マムシグサの性転換の話にビックリ、カヤとモミの見分け方を実際に葉先で体験して驚いていました。クロモジとサンショウの香りを嗅ぎ何に利用されるのかを知り、実体験は素晴らしいと感動していた。
小学生の目線からはいろいろな昆虫や小さな花を見つけることができたと大喜びでした。
関八州見晴台では武甲山をはじめ奥武蔵の眺望を楽しみました。関東三大不動尊のひとつと言われている高山不動尊は国指定の重要文化財で幕末に再建されたものです。入口に威風堂々と樹立しているのが樹齢800年の大銀杏です。太く長い気根の話に夢中でした。
初めての山歩き体験、体力の確認、草花を観察したい、昆虫を見たい等、様々な目的をもって参加された方たちからはハイキングの楽しみ方と花や木の観察ができたと満足した意見がありました。
観察できたものは
ヤマホタルブクロ、マムシグサ、アキノタムラソウ、ウツボグサ、ヤブカンゾウ、カヤ、モミ、クロモジ、サンショウ、ヨウシュヤマゴボウ、タケニグサ、コアジサイ、ガクアジサイ・・・・・













戻る