聖パウロ学園・パウロの森くらぶ 7月第1水曜定例活動
2017年7月5(水) 晴れ 場所:パウロの森(聖パウロ学園高校学校林)

超スピード台風3号も当日の未明には太平洋上を通過し、日中は蒸し暑い夏の日になりました。

作業前の全体ミーティングにおいて、安全意識の向上の為に国土緑化推進機構発行の「あんぜん手帳」の一項目ごとに読み合わせをすることになり、今日は「服装」について読みあげました。

全体ミーティングの後、先月仕掛けたハチトラップを回収して、新しいハチトラップを作り、広場周辺の木に吊るした。回収したハチトラップには25匹ものハチが入っており、そのうち3匹が女王ばちクラスの大きなハチでした。またハチトラップの入口が大きかったのか、ノコギリクワガタまでハチトラップに入っていました。今後もハチトラップの観察を続けます。

その後は4班に分かれて整備作業を行いました。
 ① 開発地の道づくり・整備: 開発地を周回する道が出来た。
 ② 広場周辺の整備: 道具小屋脇の残材が整理され綺麗になった。
 ③ 道具小屋の整備: 備品等の収納がすっきりした。
 ④ 案内板の制作: 全7工程のうち2工程が終了した。

蒸し暑い日でしたが、キビタキ・ヒヨドリ・シジュウカラ等の鳴き声に癒され、早くも鳴きだしたセミの声を聴きながら無事作業が終了しました。作業終了後の全体ミーティングで、ヒヤリハット1件(地面の濡れた伐採した枝に乗って滑り転んだ)の報告と、道具の安全な置き方について注意がありました。

パウロの森の中ではオカトラノオが涼しげに風に揺れ、ヤブコウジの花が葉っぱの下で咲き出し、カブトムシも現れました。

 参加者: 23名
 報告者: 入江克昌
 補足写真: 槙田幹夫





ハチトラップ作り:新しい誘引剤を入れました


女王バチ:5cm位ある女王バチ


案内板制作:防水加工の入念な下塗り


残材整理:乱雑に積まれた残材を整理中


残材整理終了:きれいになった道具小屋脇

カブトムシ:クヌギの樹液を賞味中

戻る