森林インストラクター東京会 森呼吸クラブ主催
林試の森で樹木ウォッチング
<身近な樹木・珍しい樹木>
2017年6月11日(土)

林試の森公園は目黒区と品川区にまたがる都立公園。林野庁の林業試験場跡地を東京都が公園として平成元年に開園したものです。園内には見上げるほどの巨樹が目白押しで、ケヤキやクスノキ、プラタナス、ムクノキなど普段目にしながら気付かなかった樹木の特徴や、フランスカイガンショウ、ヨコグラノキ、ランシンボク、ポンドサイプレスなどこれまで聞いたこともない様な樹木、目立たないながらも若い果実が意外に豊富な季節であることなど、64名の参加者にはそれぞれの気付きを楽しんでいただけたものと思います。幸い天候にも恵まれ、お客さまの新鮮な気付きへの感嘆の声に励まされ、主催者も楽しんだ半日でした。

 スタッフ: 上野千鶴子、小日向礼子、高橋喜蔵、永井和久、内藤公雄、平野裕也(報告)




入口広場の緑陰で開会式

観察会風景その1


観察会風景その2



戻る