聖パウロ学園・パウロの森くらぶ 6月第1水曜定例活動
2017年6月7(水) 晴れ後曇り 場所:パウロの森(聖パウロ学園高校学校林)

本日から関東地方も梅雨入り、森の緑も日増しに濃さを増しているようです。スズメバチの活動期を迎え、ハチトラップ作りを全員で行う。誘引剤(清酒、酢、砂糖、バナナを配合)を、ペットボトル(誘引口として側面に小穴2カ所開け)に詰め、広場周辺の木に吊るした。今後、トラップの観察を継続する。

4班に分かれて整備作業を実施する。
①開発地の道づくり・ルート調査では、尾根伝いに滝ノ沢林道まで登る道のルートを確認しました。すでに踏み跡があり、一部急な部分の改善が必要とのことです。
②アスレチック広場の残材整理では、乱雑に積まれた伐倒木を切りそろえ、太い幹は縦に並べ、木柵を設置しました。残材を使った木柵はセンス良く仕上がっています。
③道具小屋の整備では、道具の収納場所を整備しました。
④看板(森の案内板)の製作では、たたみ一畳を超える(2.3x1.3m)大きさで、順次製作を進め、年末を目処に立派なものが完成予定です。

終日曇天の中でしたが、キビタキ、シジュウカラ等の鳴き声に励まされ、無事に作業を終了しました。森の中ではサイハイランやイチヤクソウが咲き出し、ギンリョウソウが顔を出しました。

なお、作業開始前に国土緑化推進機構発行の「みどりのボランティア あんぜん手帳」を参加者に配布し、毎回、活動日の始めに一項目ごとに読み合わせを行うことにしました。初回は、安全担当者が「“はじめに”なぜ事故が起きるのか」を読み上げました。

 参加者: 17名
 報告者: 神林 治
 補足写真: 槙田幹夫、前田満子





ペットボトルでハチトラップ作り

大きな板に下地塗装を施す

乱雑に積んだ残材を整理

残材の間に生えたサイハイラン

まだ蕾のイチヤクソウ

顔をだしたギンリョウソウ
戻る