高尾森林ふれあい推進センター協定イベント・森林インストラクター東京会実施
春の高尾山親子自然観察会
2017年3月18日(土)

今回のテーマは『観て!見て!これが高尾の芽ぶきだよ』でした。コースは稲荷山コース~高尾山頂~4号路(吊り橋コース)~慰霊塔前広場です。今回は140名を超える多くの方から応募があり、やむをえず、抽選を実施し、当選された参加者は21家族60名の方々でした。
当日は天候にも恵まれ、多くの参加者にもかかわらず、けが人も出さずに、8班とも全員、元気に時間通り「稲荷山コース」を登りきりました。(拍手!)
下りは「吊り橋コース」を取りましたが、「登り」「下り」の観察中に、子ども達は「ジャノヒゲ」の実を「ドラゴンボール」と喜んだり、班長さんのわかりやすい説明で、にわか「ヒノキ博士」に成りきるなど楽しい体験をしました。
親御さん達にも好評で、親子共々、9割を超える参加者の方から「次回も、また参加したい」とのうれしい声が寄せられました。

 報告者: 木口正人

* 森林ふれあい推進事業「協定イベント」とは、林野庁関東森林管理局長と協定を締結した団体の主催するイベントのことで、自然豊かな高尾山で楽しく自然とふれあうことを主な目的にしています。 平成28年度の協定団体については森林インストラクター東京会(FIT)をはじめ5団体が登録されています。
  『森林ふれあい推進事業』の年間計画などについては関東森林管理局の該当ページを参照してください。





準備体操:「はい!カマキリになりきって!」


「皆、わかったかな」(ヒゲじい)


「ほら、みんなよそ見せず、上を見て!」


「年輪とは」「ふぅーん」


閉会式: 各班の代表発表



戻る