高尾クラブ主催
野鳥と冬芽で色とりどりな多摩川散歩
2017年2月18日(土)

  モノレール万願寺駅に集合し北川原公園で開会式を行い野鳥観察を実施。野鳥観察が初心者の方も半数近く参加しており、双眼鏡の使い方の説明を行い冬鳥の生態について話をしながらゆったりとした雰囲気で観察は行われた。
  湧水の出るワンドではアカハラ、カワセミ、バンなどが見られ、しばらく鳥の出現に一喜一憂しながら観察を続けた。昼食場所の多摩川と浅川の合流地点においてオオバン、カンムリカイツブリ、カイツブリなどが見られた。
  午後からは冬芽の観察を行い、オニグルミの雄花の芽と雌花と葉の混芽の見分け方やセンダン、アオギリの特徴ある葉痕なども観察しながら野鳥観察も同時に行った。
  今回は40種類の鳥が見られ思ったよりも沢山出現し、参加者からも 「色々な鳥がたくさん見られた」「初めてシメを見た」 などという感想が寄せられました。

 参加者: 40名
 スタッフ: 中西、藤原、仲田、藤田(報告)





開会式で観察会の見どころ、注意事項の話をする


初心者が多かったので双眼鏡の使い方を説明しながら野鳥観察


お昼休みにクヌギのカクトで野鳥笛の吹き方を練習

コサギ、ダイサギの出現で双眼鏡にも力が入る



戻る