聖パウロ学園・パウロの森くらぶ
1月第3土曜活動
2017年1月21日(土) 場所:パウロの森(聖パウロ学園高校学校林)

2017年初の土曜活動日で、お楽しみはお昼の「すいとん」です。朝から雲一つなく晴れ渡る良い天気でしたが、バス停からパウロの森に向かう道には前日に降った雪がまだ残っていました。

準備体操、安全注意の後、3班に分かれて「枯損木伐採」「アオキ刈り」「林床整備」などの作業を実施しました。午後は全員で、木の伐採法の実習を兼ねて、シイタケ栽培の榾木(ほだぎ)にするコナラの木を2本伐採しました。何人かで交代しながら、ノコギリで受け口、追い口を入れ、ねらった方向に木が倒れた時はホッとしました。

パウロの森第2広場に設けたシジュウカラ用の巣箱は、まだOPEN HOUSE状態で、下見に来てくれるのを待っています。第1広場のウグイスカグラは、2〜3輪ほど花を咲かせていました。 お昼の「パウロすいとん」は、小さい頃よく食べたという大先輩が用意してくださいました。 昔と違い野菜や肉が沢山入った、とてもおいしいすいとんでした。

里山での作業をしてみたい方、どうぞ「パウロの森」の定例作業に参加してみてください。

 参加者: 14名  報告: 小勝眞佐枝




東尾根作業の様子


西尾根作業の様子

開発地作業の様子



戻る